一般外来、予防接種、健診など当院へ受診される全ての方へ

以下の場合は、受診前にお電話をください

  • 2週間以内に、県外へ移動したことがある
  • 2週間以内に、ご家族に発熱、咳の症状があった
  • 発熱と咳が4日以上つづいている
  • 呼吸が苦しそう
  • 食事や水分摂取ができなくなってきた

感染予防へのご協力をお願いします

  • 皆さん、マスク着用をお願いします(乳幼児等、できない子は除く。布マスクでも構いません。)

※マスクをべったりさわると、それが感染源になります。着脱はひもを持ってするよう、保護者がしてあげてください

  • 付き添いのご家族は最小限の人数でお願いします
  • 換気をしていますので、体温調整できるような衣服でお越しください
  • 院内が患者さんで混雑しないよう、車内での待機をお願いする場合があります
  • 来院時と後にアルコール消毒をしましょう
  • 石鹸と流水で手洗いしましょう
  • 14時~15時は、感染のない方を対象とした予約枠です。咳、鼻水などの症状がある方は個別に対応しますのでお電話くださいNEW

当院の感染対策

  • 個室の待合室で、咳などによる飛沫感染を予防します
  • 上記のチェックリストに当てはまる方は、隔離室または車内でお待ちいただきます
  • つねに換気をします
  • 患者さんで混雑しないよう、院内への入場数を調整します
  • 診察室は、感染の方とそうでない方を分けて動線が交わらないようにします
  • 乳児の健診や予防接種は、14時~15時の専用枠で対応しますNEW

のど鼻の検査、鼻吸引、吸入を中止します

新型コロナウイルス感染からの防御のため、

インフルエンザ、溶連菌など、のどや鼻からの検査および鼻吸引、吸入の処置を中止します。

それ以外の検査・処置は行いますが、上記の病気が疑われる場合は検査なしで診断し、治療を行います。

診療が停止しないための方針とご理解頂き、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

検査を行わない理由

のどや鼻から検査を行った場合、その時のくしゃみや咳などから新型コロナウイルスに感染した事例が報告されています。このことから医療従事者への感染を予防するために上記の検査をしない方針としました(これらは関連学会および鳥取県からの通知をもとにしています)。

2020/03/27

アロハこどもクリニック 院長 遠藤充